トップページ

ブログ

こんにちはカツ整体院です。

今日は冬になると食べたくなる鍋料理のお話です。

鍋料理の効果

1.体が温まる
温かい煮汁でグツグツ煮込んだ鍋料理は冷えた体を芯から温めてくれます。
体が温まることで血行が良くなり、基礎代謝が上がり冷え性や低体温症の改善に繋がります。また、脂肪燃焼効果も期待できるでしょう。

2.野菜がたくさんとれる
鍋料理は野菜をたっぷりと使うことが多く、火が通っているのでたくさんの量を食べることができます。
野菜から溶け出してしまった栄養分は煮汁を飲むことで逃さず摂取することができます。

3.栄養バランスが良い
色々な食材を使用するため、幅広く色々な栄養分をとることができます。
肉や魚、練り物や野菜など色々な種類の食材をたくさん使用しましょう。炭水化物源としては、一緒にご飯を食べるか、締めにうどんや雑炊にして鍋を楽しむのもオススメです。

4.家族や仲間との団欒の時間になる
一つの鍋を囲んで同じ時間を楽しむことで、とても良い団欒の時間となります。
普段なかなか一緒に食事がとれない場合は前もって計画をし、集まって楽しい時間を過ごすことで精神面にも良い影響を与えてくれます。

やっぱり寒い日にはみんなで鍋を囲むのが楽しいですよね。
個人的にはもつ鍋やチゲ鍋が好きです。

もつ鍋はコラーゲンの宝庫

もつ鍋の材料に使われる牛もつ脂肪の多くは「コラーゲン」、ようするに良質なたんぱく質なのです。
コラーゲンの効果は美容だけに留まらず、疲労回復、ストレス解消、関節痛を和らげる効果、また貧血の改善にも繋がる。
もつ鍋のモツには、必質アミノ酸やコラーゲンが多く含まれています。
鍋の中に入れるニラには硫化アリルが、キャベツにはビタミンUが含まれていますし、もやしをいれると食繊維が多くなり、唐辛子によるカプサイシンによって代謝が促されます。
もつ鍋は完全栄養食ではないのか?というくらいに日ごろとりにくい栄養素が豊富に含まれています。特に美容、健康面、低カロリーなので、美容に良い条件が揃いまくっていることに由来します。

もつ鍋は健康と美容に効果的!

「もつ鍋」に使用しているもつは、焼肉のカルビと比較すると、そのカロリーは極めて少なく、美容や健康に欠かせないビタミンCやスタミナ源のビタミンB群は15倍もあります。
もつ鍋と一緒に煮込む野菜(主にキャベツ・ニラなど)にもカロチン・ミネラル・ビタミンC・ビタミンB群が豊富に含まれているので、もつ鍋は健康や美容を美味しく頂けるなべ料理と言えるでしょう。

みなさんも鍋を囲んで体も心も温まると良いですよ。

お電話ですと出られない場合もございますので、ぜひネット予約をご活用ください。

今すぐ予約はこちらをクリック!!

予約する

カツ整体院は1人治療院ですので、予約優先制でお一人ずつ十分な間隔を空けてのご案内、院内の衛生環境を徹底してのご案内をさせていただいております。

カツ整体院では、つらい肩こり・頭痛・腰痛・姿勢の悪さからくる骨盤の歪み・産後の骨盤の歪み・自律神経の乱れによる 不眠などでお困りの方のご相談をお待ちしておりますのでぜひ1度ご連絡ください。

menu