トップページ

ブログ

こんにちはカツ整体院です。

今、在宅ワークに切り替わって、慣れない生活でストレスが増えている方が多くいらっしゃると思います。

今日は『日本が世界一』と言うタイトルのです。

なにが世界一なんだと思った方!!

なんと!!それは・・・『平均座位時間』なんです。

何となくご自身を振り返ってお気づきになられた方も多いかと思いますが、勤勉な日本人だからこその世界一位なのかもしれませんね。

シドニー大学の研究によれば、世界20か国の成人を対象に「平均座位時間」を調査した結果、日本人の平均座位時間が最も長く、1日420分(7時間)だったそうです。

長時間座り続けると、硬くなる筋肉と弱くなる筋肉のアンバランスが生じます。

なんの対策もしないまま日常生活を送れば、その差はさらに大きくなっていく事でしょう。

あくまでも座ることが体に悪いのではなく、座りすぎが体に悪いことなのです。

意識的に座っている時間を中断するようにすれば、健康寿命が伸びてQOL(Quality of life=生活の質)も上がります。

そこで「いい座り方」のポイントを最後に。

【健康寿命が伸びる座り方のポイント】
・オフィスでも、30分から1時間に一度はトイレ休憩、飲み物や資料を取りに行く、不要な書類をシュレッダーにかけるなどのブレイクタイムを取る。

・ブレイクタイムの目安は、30分に1度の場合は3分間、1時間に1度の場合は5分間。

・なかなかブレイクタイムを取れないときは、座ったままかかとを上げ下げする、膝を伸ばして脚を上げる、脚を上げた状態でつま先をまっすぐ伸ばしたり直角に立てたりする。
30分〜1時間に一度、自分を立ち上がらせるために、パソコンのポップアップ機能やウェアラブル端末のアラーム機能を設定すると効果的。

今後も、さまざまな技術が進歩するにつれて生活環境や仕事環境の機械化と自動化は加速し、私たちの身体活動は著しく省力化していきますが、身体活動を促す使い方も同時に考え取り入れていきましょう。

お電話ですと出られない場合もございますので、ぜひネット予約をご活用ください。

今すぐ予約はこちらをクリック!!

予約する

カツ整体院は1人治療院ですので、予約優先制でお一人ずつ十分な間隔を空けてのご案内、院内の衛生環境を徹底してのご案内をさせていただいております。

カツ整体院では、つらい肩こり・頭痛・腰痛・姿勢の悪さからくる骨盤の歪み・産後の骨盤の歪み・自律神経の乱れによる 不眠などでお困りの方のご相談をお待ちしておりますのでぜひ1度ご連絡ください。

menu