トップページ

ブログ

こんにちはカツ整体院です。

私たちは毎日、目から得られる情報に頼って生活をしています。

周りに存在している物、距離感、動き、明るさ、色など、視覚から得られる情報は数え切れません。

情報を得るために、私たちは無意識に目を動かしたりピントを合わせたりして、目を毎日酷使しています。

老眼や視力の低下で見えづらさがあるのも、目に負担がかかります。

このように、現代人は毎日の生活の中で知らず知らずのうちに目を酷使しています。

目の疲れは目の充血やドライアイだけでなく、頭痛やめまいなどの症状を引き起こしてしまいます。

ですから、普段から目の疲れが溜まらないようにケアしてあげることが大切です。

では、目の疲れにはどのような対策をすると良いのでしょうか。

蒸しタオルを目に当てて温めるというのは気持ちよく、ドラッグストアなどで蒸気でアイマスクなどの製品も手軽に入手出来るのでケアしている方も多いと思います。

しかしながら、外からのケアだけでなく食べ物の栄養素の力で体の中からケアするということも大切です。

次に、目に良い栄養素と食べ物についてわかりやすくまとめてみたので、ぜひ参考にして毎日の食生活に取り入れてみてください。

目の疲れに効果的な栄養素は、体の疲労回復にも効果的と言われているものばかりです。

ビタミン類を中心に、ポリフェノールなどをはじめ数多くのものがあります。

目の疲れに良い栄養素

アントシアニン:
ブルーベリー、紫いも、ナスなどに含まれる
網膜へのダメージを防ぎ、血流を改善する

βカロチン:
小松菜、人参などの緑黄色野菜に含まれる
網膜色素の成分の一つでもあり、抗酸化作用で目や目の粘膜の代謝を保つ

ビタミンB1:
豆類、豚肉、うなぎなどに含まれる
視神経の働きを促進する

ビタミンB2:
乳製品、レバー、うなぎなどに含まれる
充血や目の疲れを改善する

ビタミンB12:
貝類、レバー、青魚などに含まれる
細胞の増殖を助けるとともに、神経の働きを正常に保つ

ビタミンE:
かぼちゃ、アーモンドなどに含まれる
血行を良くして目の疲れを回復しやすくする

タウリン:
イカ、タコ、貝類などに含まれる
目の疲れを回復しやすくする

これらの食材を毎日の生活に少しプラスして、眼精疲労をケアしていきましょう。

ご自身でセルフケアを頑張っているが、どうにも毎日眼精疲労からくる頭痛でお悩みになっている方!!

それはお身体のバランスが崩れていることが原因かもしれません!!

骨盤は上肢、下肢をつなぐ軸となり、土台にもなっています。

その土台が歪んでいたら・・・っと不安になった方はぜひ、カツ整体院にご相談ください!!

お電話ですと出られない場合もございますので、ぜひネット予約をご活用ください。

今すぐ予約はこちらをクリック!!

予約する

カツ整体院は1人治療院ですので、予約優先制でお一人ずつ十分な間隔を空けてのご案内、院内の衛生環境を徹底してのご案内をさせていただいております。

カツ整体院では、つらい肩こり・頭痛・腰痛・姿勢の悪さからくる骨盤の歪み・産後の骨盤の歪み・自律神経の乱れによる 不眠などでお困りの方のご相談をお待ちしておりますのでぜひ1度ご連絡ください。

menu