トップページ

ブログ

こんにちはカツ整体院です。

今日は腰痛について少しお話させていただきます。

背骨は積み木のように積み重なっている「椎骨」という24個の骨と、骨と骨の間でクッション材の役割をする「椎間板」から成り立っています。

背骨の中央には、脊髄神経が通っている縦に長い「脊柱管」という孔があります。
そして「椎間関節」という関節がそれぞれの節にあるため、腰をかがめたり伸ばしたりなどの柔軟な動きが可能になります。

おおまかに挙げてもこれだけの構造をもっているわけですが、腰痛を起こす時には、これらの構造を支える靭帯や筋肉、それを機能させる神経なども関わります。

何かの原因によって、椎間板が飛び出してヘルニアになったり、脊柱管狭窄症のような神経を刺激する状態になると、腰痛や下肢痛、しびれなどを生じます。

また、日常多くみられる腰痛のように筋肉の疲労により腰を支える筋肉の力が低下すると血液循環も悪くなり痛みを出す物質が産生され筋肉の緊張も強まります。

すると腰部の不快感や痛みが繰り返し起きるようになってしまうのです。

そして積み木の様に積み重なった背骨を支えているのが骨盤になり、当院ではこの骨盤の歪みを整えて人間に本来備わっている自然治癒力を回復させていくことによりさまざまな不調を改善していく治療になります。

当院の骨盤調整は、ベッドの骨盤付近のクッションを上げて落とした時の反動を利用して調整する方法ですのでお身体に負担の少ない治療になりますので安心してご相談下さい。

menu